代表者メッセージ 見出し画像

創業の想いとこれまでについて

「人に一匹の魚を与えよ、しからばその人一日空腹にあらず。人に魚とりの技を教えよ、しからばその人生涯空腹にあらず」

これは、私が勉強した作業療法のある本の最初に載っている中国のことわざで、一言でリハビリテーションを表していると思いました。そして、その言葉を頭の中心において仕事をしていましたがどうしても家族の介護力の問題、経済的な問題、家屋構造の問題、地域の社会資源の問題があり在宅復帰できない患者様がいらっしゃいました。

そうであればその問題を解決できる総合的にサービスが提供できる会社を作ろうと思い起業したことが当社のスタートとなりました。

介護保険制度が開始される半年間の準備期間には、創業メンバーと理念や夢や構想の立案など多くのこと議論を深めました。「総合生活支援」(利用される方の生活を総合的に支援させていただく)という理念はその時に決めたものです。それは、現在トータルライフケアのクルー全員の心の中にとどめてもらっていると信じています。また、その時に立案した構想はほぼ実現できました。これには、多くのクルーが理念に共感し一生懸命利用者様の生活を総合的に支えることに協力していただいたおかげと感謝しています。

私も創業当初、日中はサービス提供で汗だくになり、夜は会議でヒヤ汗をかきながら、寸暇を惜しんで仕事をしていたことを思い出します。

それから18年、会社を社会資源と捉え、雇用の創設や安定経営のために規模の拡大を目的として頑張ってきました。この間、嬉しかったことも辛かったこともいろいろなことがありましたが、現在ではとても良いクルーとめぐり会い、一緒に仕事ができることをうれしく思っています。

創業から18年たった今、やりたい事とやらなければいけない事が違ってきていますが、会社の最高責任者として自覚をもっていろいろなことに取り組んでいきたいと思います。

代表取締役 奥村 好誠
▶︎奥村社長の111の質問を見る

こんな方と一緒に会社を作っていきたい

利用者様のことを第一に考え、自立した生活ができられるよう、共に歩み・支援できる人と一緒に仕事をしていきたいと強く願っています。そして、自分の夢を持っていただき、その実現のために努力するポジティブな考えを持つ人と共に働き、その夢を全力で応援したいと考えております。

これから目指すビジョン

私たちは熊本で一番女性が働きやすい職場を作ることを目指しています。

また、平成11年の創業時から「女性の頑張りを応援する会社」を目指して職場環境づくりに邁進してきました。「辛い仕事」というイメージがある介護業界だからこそ、クルーを支援する体制強化に真面目に取り組んでいます。

各種制度・福利厚生について

クルーの皆さんにもっともっと働きやすい職場環境を作るため、各種制度・福利厚生にも力を入れていきます。

  • 定年65歳制(導入済み)
  • 退職金制度(導入済み)
  • 企業主導型保育園(31年春開設予定)
  • 有給休暇所得率目標80%以上(取組中)
  • 確定拠出年金(導入済み)

今働いているクルーへ想うこと

この会社で働いていることが皆さんの誇りと思ってもらえるような会社にします。そしてみなさん一人ひとりの夢を実現できる会社をつくります。

そのためには、皆さん個々の、そして組織としての知識や技術を向上させることのできる仕組みを作っていく必要性があります

また、もちろん仕事だけではなく、プライベートの充実、生活と仕事のバランスの取れる仕組みも併せて作ってまいります。

強くなければ優しくできない、強い会社をつくり優しい仕組みで支えたいと考えています。